【睡眠】-セロトニンの分泌を高める方法-

睡眠コンサルタントの友野なおです。

今日も暑いですが、元気に1日を楽しみたいですねっ!

私達が日々、目標や夢を追い求めながら元気に社会に適応しているのは、日中に心を穏やかにする働きのある神経伝達物質「セロトニン」がしっかり分泌されているから。

このセロトニンの働きが低下してしまうと、気分が落ち込み気味になったり、イライラしやすくなったり、攻撃性が増して自殺企図が高まったりするなど、精神的に不安定になってしまいます。

運動意欲も減るので日中の活力量も減り、肥満にもつながってしまいます…。

セロトニンは朝目が覚めたらしっかり光を浴びること、それからウォーキング、咀嚼、丹田呼吸、無理ない程度のリズミカルな筋肉運動をすることで働きを高めることが出来るんです!

歩くときはしっかり手を振って歩き、食べるときはしっかり噛んで食べ、1日の中で数回深い深呼吸をする習慣を身に付けましょうね♪

セロトニンがしっかり働くことで、夜の快眠も促進されますよっ!



友野なおの書籍 新刊は『昼間のパフォーマンスを最大にする 正しい眠り方』です。


コメントを残す