【夏の快眠】-深部体温を下げる-

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

今日も暑いですね!!!

昨日、「梅雨はどこへやら?」って話をしていたくらい一気に真夏になりましたよね?!

日中の暑さも辛いけど、夜は寝苦しくなるのでさらに辛い。

人間の体温には2種類あるのですが、そのうちの脳や内臓などの「深部体温」が下がると眠気が引き起こされ入眠しやすくなるのです。

深部体温の中でも最も熱があるのが、脳だといわれています。

つまり、

夏は頭を冷やすことによって眠りが促進されるのです。

また、夕方に運動したり、ぬるめのお湯で半身浴をするなどして体温を上げておくと、そのあと下がった体温との落差が大きくなるのでさらに眠りが促進されます。

ケーキ屋さんなどでもらう保冷材をハンドタオルでまいて使えばタダで快眠が得られますよ☆

ぜひお試しあれ。



友野なおの書籍 新刊は『昼間のパフォーマンスを最大にする 正しい眠り方』です。


コメントを残す