【不眠②】-中途覚醒-

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

前記事に書いたとおり、「眠れない」にも様々なパターンがあります。

今回は、途中で何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」についてお話しますね。

中途覚醒とは、夜中に何度もめが醒めてしま、かつ、1度目が覚めてしまうと再び眠ることが出来なくなってしまう症状のことをいいます。

これは眠りの浅い方やご高齢の方に起こりやすい睡眠障害です。

お酒(寝酒習慣)にもこのような症状をもたらす要因があります。

あと、今の季節は暑くて何度も夜中に中途覚醒を起こし、朝起きたときに「寝た気がしない・・・・(泣)」と疲れがとれていない状態のまま1日をスタートする方も少なくなりません。

夏に関しては、冷房を寝る2時間前から26℃くらいでかけて、寝てから3時間後にタイマーで切れるように設定しておくことがポイントです。

こうすることで朝起きるまで暑苦しさや寝苦しさを感じることはありません。

なるべく中途覚醒を起こさないようにするためにも、寝酒の習慣は絶対にやめましょう!!!



友野なおの書籍 新刊は『昼間のパフォーマンスを最大にする 正しい眠り方』です。


コメントを残す