【昼寝の習慣】

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

「昼寝」

というと、

「怠けてるというイメージが強い」といわれますが、

実は昼寝をとる習慣をつけることで、前日の睡眠不足を補ったり、午後のパフォーマンス能力をぐ~~~っとアップをさせる作用があります。

さらに、短時間の睡眠をとる習慣がある人は、ない人に比べるとアルツハイマー発症率が1/5まで引き下がることもわかっているんですよ!!

効果的な昼寝の方法は、15時までに15分です。

働いている皆さんは、お昼休みを有効につかいましょう!



友野なおの書籍 新刊は『疲れがとれて朝シャキーンと起きる方法』です。


【昼寝の習慣】」への1件のフィードバック

  1. 1. はじめまして
    「アサイチ」で、少しお見かけしてから拝見させていただいております。あれ以来、15分昼寝を実践しているのですが、生理前になると(PMSの症状?)、眠くて眠くて、15分ではスッキリしない所か、目が覚めくれないときもあります。あさイチでは、一日何度でも良いというお話だったので、生理前は15分セットを眠くなるたびに何度もやっても、ダメダメで・・・こういう時は、15分昼寝に拘らず、目が覚めるまで寝たほうがいいですか?http://ameblo.jp/j-sambac3/

コメントを残す