【眠活】-副交感神経の健康効果-

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

「自律神経」という言葉、皆さん1度は聞いたことあるかと思います。

自律神経には2種類あって、

ひとつは

「昼前の神経」とも呼ばれる「交換神経」。

もうひとつは

「夜の神経」とも呼ばれる「副交感神経」。

少なくとも眠活が始まる時間からは、絶対的に風交感神経を優位にすることが快眠のコツ。

だから、眠る1時間前からはアロマをたいたり、マッサージをしたり、筋弛緩運動をすることをオススメしているんですよ☆

ここでしっかり副交感神経を優位にしておくことは、快眠を促すだけでなく便秘解消にもつながるのです。

夜になって副交感神経の働きが高まると、血液は脳や筋肉にはあまり行き渡らなくなり、その分消化管に回ってお腹を動かして、最終的には便を肛門の方へ押しやります。

健康な人は朝に便意が起こりますから、健康のためにも美肌づくりのためにも、朝にゆっくりトイレに行ける時間を作りましょうね!



友野なおの書籍 新刊は『昼間のパフォーマンスを最大にする 正しい眠り方』です。


コメントを残す