【質問答え】-1日のリズムをつくる-

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

はじめまして!いつもブログ読んでます。

本が発売されるのがとても楽しみです(^O^)
質問したいのですが、今までどうしても寝る時間も起きる時間も一日一時間以上ズレてしまい、最低では一日で6時間ズレてしまう時もありました。
仕事とかではなく、時間もほぼ自由なのですが、早く寝ようとするたびに色々な誘惑に負けてしまいます。
質問したいのは、かなり不規則になっている生活に規則正しい生活リズムをつけたいです。時間がありましたら、教えて頂けるとありがたいですm(__)m

というご質問をいただきました。

まずは・・・・

素晴らしい心がけに拍手!!

いま現在は体内時計のリズムが崩れてしまっている状態だと思うので、まずは自然に眠気が起こったときに眠ってください。

そして、朝は毎日起きたい時間にアラームをセットして、(平日仕事があるとき)少し無理をしてでも起きるようにしてください。

そのとき、起きたらまず最初に寝室のカーテンを開けて、目の中に太陽の光を入れることがポイントです。

ここで体内時計を1度リセットすることができます。

太陽の光が目に入ってから大体15時間後に人は眠気が起こるといわれていますので、その日1日は活動的に過ごして夜眠る1時間前になったらやや暗めの暖色系の照明に切り替え、心身をリラックスさせる時間を過ごしてみましょう。

きっと最初は強い眠気が日中にあると思いますので、15時までに15~20分程度の仮眠をとってくださいね。

まずは、週末とか、お休みの日に実行するといいと思いますよ!

もう1つ意識していただきたいのが、食事の時間です。

規則正しい生活リズムをつけるためには、「毎日決まった時間に3回食事を摂る」ことがとても重要。

毎日一定の時間に食事をとっていると、体内時計が24時間にリセットされやすくなる傾向になります。

食事のリズムは体内時計に依存しているわけではありませんが、どうやら「腹時計」のようなものが実際に存在しているらしく、これが食事リズムに影響を与えているということがわかってきているそうです。

まとめると、大きなポイントは2つ。

朝起きて目に太陽の光をいれる。

3回の食事時間を一定にする。

体内時計が24時間にしっかり調節されると、ホルモンの分泌やバランス、自律神経のバランスが整うので、心身ともに健康で活発になれます!

ぜひできることから実践して、より健康的でイキイキとした毎日を送ってくださいね!!



友野なおの書籍 新刊は『昼間のパフォーマンスを最大にする 正しい眠り方』です。


【質問答え】-1日のリズムをつくる-」への2件のフィードバック

  1. 2. はじめまして
    いつもブログを拝見させていただいています!本もとても楽しみにしています。本当は発売日に欲しいのですがぜひ池袋に行きたいと考えているので耐えぬきます!いつも楽しく、ためになるブログありがとうございます。
    http://ameblo.jp/choccomn/

コメントを残す