睡眠の「時間」と「質」

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

「かくれ不眠」全てに当てはまってしまいます(>_<)
なおさんの本読んで、生活改善中です。7.5時間寝ても、仕事中、立っていても眠くて頭がまわらず立ち眠してしまいます。病気なと心配してます。

「眠活」読んでくださって、ありがとうございます!

生活を改善しようという想い、素晴らしいですね!!

睡眠というのは、「時間」と「質」の両方から考えます。

従って、「質」が悪ければたとえしっかり7.5時間寝ていても疲れはとれないですし、逆に7.5時間の睡眠時間がとれなくても「質」が良ければ元気で健康に活動することができます。

「眠活」にも書いてありますが、まずは就寝時間1時間前の行動に徹底的にこだわってください。

そうすれば睡眠の質をぐぐぐ~~~っと引き上げることができるので、翌日変化が体感できるかもしれません。

自分自身の睡眠を客観的に把握するためには、睡眠日誌をつけることが1番です。

睡眠日誌は私のHPからダウンロードすることができるので、ぜひご覧くださいね!

http://tomono-nao.jp/

それでもやっぱり眠気がとれない場合は「ナルコレプシー」といった過眠症の可能性も無いとは言い切れませんし、もしかしたら眠っている間に睡眠時無呼吸症候群になっているために睡眠が浅くなっている可能性もありますので、1度専門医に診てもらうことをオススメしますよ。

・りーちゃんさん

眠活、オススメしてくださってありがとうございます!

これからもりーちゃんさんのお力で、たくさんの人をHPAAYにしてくださいね♪



友野なおの書籍 新刊は『昼間のパフォーマンスを最大にする 正しい眠り方』です。


睡眠の「時間」と「質」」への2件のフィードバック

  1. 1. ありがとうございます。
    アドバイスありがとうございますすっごく嬉しいです。実際、なおさんの本を読んんで改めて生活サイクルの見直しや、睡眠日誌をつけて改善していこうと思います。「質」を高めることも意識してみます。また宜しくお願いします。仕事柄土日がなかなか参加できず残念です平日のセミナーがあったらぜひまた参加したいと思います。その時は宜しくお願い致します。
    http://ameblo.jp/moe-more-happy/

  2. 2. まだまだ暑いですねー
    おはようございます!先日、漢方処方していただいて+眠活で目覚めが違うんです。しっかり食べてますし、健康を感じてますよー(。◕‿◕。)Twitterし始めたら、睡眠時間の短い方が多くて驚きました。遅寝早起き←こんな言葉ダメですよね!といいますか(笑)なおさんのご本の紹介は、Twitterでしても大丈夫ですか?一応、ご確認してからと思いまして
    http://ameblo.jp/platanonata/

コメントを残す