友野式『体の中からキレイをつくるインナービューティー7か条』

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

毎回セミナーなどでもお伝えしていることですが、どんなにクオリティーの高い化粧品を使ったりエステに通ったりしても、体の中が整っていなければ時間もお金も勿体無いのです。

「睡眠」と「食」で体の中を整える「体内メンテナンス」を行えば、高い化粧品を購入したりエステに通ったりしなくても、最高の「美」をつくることができます。

わかりやすくて覚えやすい語呂合わせ「たいないびよう」をつくりました。

 太陽の光を目に入れる

 1日15分昼寝をする

 内臓を温める

 色が5色の食事を摂る

 美容液は体の中から「成長ホルモン」

 夜に運動しない

 潤い補給はハチミツから

<た・太陽の光を目に入れる>

地球の自転は24時間周期で時を刻んでいますが、私たち人間の生体時計は25時間周期で時を刻んでいます。1時間の時差を埋めるためには、朝起床したら太陽の光を目に入れること。しっかり太陽の光を目に入れることで生体時計をリセットすることができ、体内リズムを正常に保つことができます。

<い・1日15分昼寝をする>

1日15分の昼寝をとることで前日の睡眠不足を解消してくれると同時に、午後のパフォーマンス能力を格段に上げてくれます。学習能力も飛躍的にアップすると同時に心の元気もサポートしてくれます。また、アルツハイマー発症率も1/3まで引き下げることができることが分かっています。

<な・内臓を温める>

内臓が冷えていると血の巡りが悪くなり、内蔵機能の低下は肌老化の促進、免疫力や代謝の低下、むくみなどが引き起こされてしまいます。体を温める「陽」の食材を摂ること、添加物をなるべく控えること、食べる順番を意識すること、18時~20時の間に適度な運動をすることなどに気をつけた生活習慣を送ることが大事です。

<い・色が5色の食事を摂る>

栄養バランスがとれた食事を食べるためにも、毎回食事の中に「白・黒・赤・緑・黄」の5色があることを確認することがポイントです。食材は旬のものを積極的に選び、炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、酵素、良質な脂質をしっかり摂るようにしましょう。

<び・美容液は体の中から「成長ホルモン」>

高価な美容液を買わなくても、しっかり眠活して質の良い睡眠がとれれば、体の中から最強のアンチエジング&美肌&ダイエット効果がある美容液「成長ホルモン」が分泌されます。成長ホルモンには肌のターンオーバーを正常化する働きもあるので、「寝る子は育つ」ですが、「眠る大人は若返る」ことができるのです。成長ホルモンを味方につければ年齢を重ねることがどんどん楽しみになります。

<よ・夜21時以降は運動しない>

夜21時以降は体温が下がり体が眠りに入る準備を始めるので、激しい運動は絶対にNGです。脳が興奮状態になり、交換神経も刺激され入眠が妨げられてしまいます。運動は体温が最も高い18時~20時の間に行うのがベストです。健美のために行う運動も、行う時間を間違えてしまえば本末転倒です。

<う・潤い補給はハチミツから>

GI値が非常に高い白砂糖はインナビューティー的には使用してほしくない食材です。変わりに、ビタミンやミネラルの宝庫でもあるハチミツを甘味料としても調味料としても使用します。さらにハチミツに含まれるビタミンやミネラルは肌の真皮にまで到達してくれ肌の弾力やハリをサポートしてくれるので、入浴中のパックとしても使えます。

『たいないびよう』をしっかり覚えて、体の中、内臓や細胞レベルから生まれ変わりましょう!

体の中をデザインすることは、自分の人生そのものをデザインすることと同じです。

インナービューティーの実践により、より健康で美しく、イキイキとした毎日を過ごしてくださいね。

※インナービューティーHP→こちら



友野なおの書籍 新刊は『疲れがとれて朝シャキーンと起きる方法』です。


コメントを残す