睡眠衛生

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

皆さん、『睡眠衛生』という言葉、聞いたことありますか?

睡眠衛生とは、眠りにふさわしい時間帯に眠り、朝から活動し、日中は活動を維持し、夕方を過ぎたら眠りに向けての準備をするという、睡眠メカニズム、そして体の生体リズムに添った過ごし方をする

ということ。

「こんなの当たり前じゃん!」

って、思いました???

でも、実は、現代においてはこの「当たり前」が出来ていない人がほとんどなのです。

結果、生活習慣病やメンタル疾患が増加の一途を辿り、悲しいことにどんどん社会が歪み始めています。

やりたいこと、やらなくちゃいけないことがあり過ぎて、時間が足りない!

そう思うこと、私も毎日です。

でも、やりたいこともやらなくちゃいけないことも両方MAXやりきるためには、実は眠らなくてはいけないのです。

意外ですか?

眠らずにいると、集中力も注意力も思考力も自分が思っている以上に著しく低下してまうので、アイデアが浮かばずに時間だけがどんどん過ぎてしまったり、思わぬミスをしてしまって修復に余計な時間がとられてしまったり、気分が落ち込み気味になって全然作業が進まなかったり・・・。

あと、体調不良にもなりやすくなるので、疲れが溜まって風邪をひいて寝込んで一気にお休みが飛んでった~~!!なんて泣きたくなるくらい最悪なことも・・・(泣)

しっかり眠れば起きている時間のパフォーマンス能力がぐんぐん上がるので、作業もとても効率よく進むし、気持ちも前向きで積極的になれるので、人とのコミュにケーションもうまくいきます!

睡眠衛生を保つことは、これからの日々を元気に楽しく暮らすためには欠かせないこと。

ぜひ、「当たり前」に過ごしている毎日を1回振り返ってみてください。

そこでもし改善すべきポイントが見つけられたら、最初は無理のない範囲で改善していきましょう!

そういった毎日の積み重ねが、必ず、1年後、3年後、5年後の明るい未来に繋がっていきますからね♪



友野なおの書籍 新刊は『疲れがとれて朝シャキーンと起きる方法』です。


コメントを残す