夕食に納豆を摂りましょう!

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

日本の伝統食材であり健康食材としても有名な納豆。

この納豆にのみ含まれる「ナットウキナーゼ」と呼ばれる成分に、血液サラサラ効果があるって知っていましたか?!

そもそも「ナットウキナーゼ」はどんな成分かというと、大豆に納豆菌を作用させて納豆をつくる発酵過程で生ずるネバネバの中の酵素。

このナットウキナーゼには血栓(血のかたまり)を生成する「フィブリン」を溶解したり出来にくくしたりする働きがあるだけでなく、コレステロールの低下に強く働きかける機能があるといわれています。

ぜひ毎日摂取したい食材ですが、せっかく摂るなら夕食時がお勧めです。

血栓が原因の1つでもある脳梗塞などが発症しやすい時間は統計的にみて「明け方」が多いのですが、これは寝ている間にコップ1杯分程度の汗をかくことによって血液の粘度が上がってドロドロになってしまうことが一因と考えられています。

そこで夕食時に納豆を摂ることで、何時間もかけてゆっくり腸で吸収される納豆の持続パワーが発揮されて血液サラサラ状態を維持してくれるので、就寝してから翌朝まで私たちの健康をサポートしてくれるわけです!

お肉が好きな方、塩分摂取が多い方、アルコール摂取頻度が高い方などはより血栓ができやすい食生活を送っているので、意識して夕食時には納豆を摂るようにしましょうね。

今夜から実践ですよ!!


友野なおの書籍 新刊は『ねこ先生クウとカイに教わる ぐっすり睡眠法』です。








コメントを残す