冬季うつ病ではありませんか?

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

さて、10月に入りましたが「このくらいの季節になると毎年眠たいし食欲が出るし・・・・反面人には会いたくなくなってきて・・・・」なんていう方、いらっしゃいませんか?

実はこれ、「冬季うつ病」の症状なのです。

正式には「季節性感情障害(SAD)」といい、ある特定の季節のみ、うつ病に似た症状が出てしまう脳機能障害の一種です。

冬に出ることが多いため、「冬季うつ」とも呼ばれているんですよ。

日本でも有病率は13%とそこそこある障害で、大体10月頃からうつのような症状が出現し、1月頃にピークを迎え4月頃になって日照時間が長くなり始めると自然と回復するといわれています。

どのような症状が現れるかというと、先にも書いたように眠気が非常に強くなったり、人によっては会話も出来ない状態になったりしてしまい、不登校や社会的引きこもりになってしまうケースまであるのです。

また、過眠や意欲低下が引き金となり、過食・体重増加などの症状も現れます。

特徴的なのは炭水化物を含むスナック菓子に対する欲求が非常に高くなるということ。

さらに、1日の後半における炭水化物の摂取増加が報告されています。

SADの方々は体内時計がどんどん後退しやすいので、睡眠の質が乱れる→食欲の中枢・自律神経・内分泌の乱れが生じる→日中強い眠気で不活動になる→ストレスなどで過食になる・・・・という負のスパイラルにはまってしまいがちに!!

「当てはまっているかも?」と思ったら、1度お医者さんに相談することも大切ですよ♪

自分で解決しようと思わず、気軽にご相談くださいね!


友野なおの書籍 新刊は『ねこ先生クウとカイに教わる ぐっすり睡眠法』です。








冬季うつ病ではありませんか?」への1件のフィードバック

  1. 1. なるほどっ
    (((( ;°Д°))))冬季うつっていうのがあるのですねぇhttp://ameblo.jp/m-suu-san/

コメントを残す