秋の「すいみんの日」市民公開講座 宮城

よく食べて、よく眠るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

本日、宮城県仙台市にて開催されました、「秋のすいみんの日 市民公開講座」にて総合司会を務めさせていただきました。

江戸川大学社会学部教授の福田先生は「子どもと睡眠」について、神戸大学大学院保険学研究科の林准教授は「高齢者と睡眠」について、仙台白百合女子大学人間学部の氏家准教授は「メンタルヘルスと睡眠」について、そして江戸川大学社会学部の松田教授は「より良い眠りのためのリラクセーション」についてご講演くださいました。

講義と実習の両面から快眠について学ぶことができるプログラムでしたので、ご参加くださった皆様にはぜひ今夜から本日得た知識を活かしていただきたいと思います。

毎度のことですが、ゆっくりすることが出来ずに滞在時間数時間で慌てて帰らなくてはならず、後ろ髪引かれる思いでいっぱいでした。

仙台はいつかプライベートでのんびり過ごしたいです。

明日は東京で開催される市民公開講座の総合司会を務めさせていただきます。

秋の睡眠週間で1人でも多くの方が眠りの大切さに気付き、より豊かな毎日をお過ごしくださることを心から願っております!


友野なおの書籍 新刊は『ねこ先生クウとカイに教わる ぐっすり睡眠法』です。








コメントを残す