【夏の快眠】-足浴の方法-

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

暑い夏は、昼間に冷房で身体が冷えすぎるために自律神経のバランスが崩れてしまいがちになります・・・・・。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、昼間の活動モードである交感神経から夜の休息モードである副交感神経へうまく切り替わらなくなってしまい、うまく眠りにつけません。

そんなときにオススメなのが足浴!

43℃~45℃くらいの熱めのお湯に足を5~10分間くらいつけます。

じんわり身体が温まり、ゆっくり副交感神経が優位になるのでリラックスできます。

「日中に冷房あたり過ぎたな」と思ったら、ぜひ試してみてくださいね!



友野なおの書籍 新刊は『昼間のパフォーマンスを最大にする 正しい眠り方』です。


【夏の快眠】-足浴の方法-」への1件のフィードバック

コメントを残す