【免疫力UP】-内臓のジョギング-

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

内臓のジョギングとは・・・・

「笑い」のことです。

笑うことは「元気や癒しのホルモン」である「セロトニン」を活発にしたり、

免疫細胞の「NK細胞」を活性化させたり、

副交感神経を優位にしてストレスを軽減させたりする力を持っているのです。

さらに、「脳内のモルヒネ」とも呼ばれる「エンドルフィン」という強力な鎮痛作用を持つ神経伝達物質が増加し、痛みを忘れさせてくれる作用まであるといわれています。

「笑うこと」ってときには薬以上の力を発揮して、奇跡を起こしてくれるんですよね!

私も「笑顔」や「笑い」の力に何度も助けられていますo(^-^)o

すっごく辛くて「笑えない!!」というときほど、あえて「笑顔」をつくってみるんです。

そうすると、表情に気持ちがついてくるというか、

笑顔が気持ちを引っ張るというか、

不思議なくらい元気に明るい気持ちになるのです!!!

ホント、これ魔法みたいなので、落ち込んだときがあったらぜひ試してみてほしいです!!!

人生1度きり♪

たくさんたくさん笑顔になれる瞬間をつくりたいですね!



友野なおの書籍 新刊は『疲れがとれて朝シャキーンと起きる方法』です。


【免疫力UP】-内臓のジョギング-」への1件のフィードバック

コメントを残す