うつが先か?不眠が先か?

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

今や従業員の就業障害原因のTOPといわれる「メンタル疾患」。

メンタル疾患の中でも、ビジネスパーソンに最も関連が深いのが「うつ病」よいわれています。

もはや「うつ病」は、ストレス社会の中で生きる現代人ならではの「現代病」ですね。

「うつだから不眠になる」

人もいれば、

「不眠からうつになる」

ケースの人もいます。

不眠が先か、うつが先か・・・。

この2つの問題は根強く絡み合っているんです。

初発うつ病患者を調べた結果、不眠とうつ病を同時に発症した人、また、うつ病のあとに不眠を発症した人はそれぞれ約30%で、不眠を先に発症した人は約40%に上ることが分かっています。

また、うつ病は再発の高いことも特徴です。

「眠活」を実践しても眠れない日が続いたら、きちんと専門医に診てもらいましょう。

その際、睡眠日誌を見せることで、自分の睡眠状態や問題点がよりクリアな形で先生に伝えられることができるので、より診察がスムーズになりますよ。

睡眠日誌は私のHPからダウンロードできます。

睡眠日誌ダウンロード⇒こちら

自分の心身の健康を維持するためには、毎日の睡眠がとっても大切なんです!!

ぜひ、自分自身はモチロン、自分の家族や大切な人ががきちんと眠れているか、今一度確認してみてくださいね。



友野なおの書籍 新刊は『疲れがとれて朝シャキーンと起きる方法』です。


うつが先か?不眠が先か?」への1件のフィードバック

  1. 1. 無題
    眠れない日が多いと、リラックスするのが楽しみなはずの夜が苦痛になったりするの、すごくわかります。遅くなりましたが、すやっと青汁をお試しで買ってみました!!ぐっすり効果はもちろん、便秘解消にと思って買いました。楽しみです☆★
    http://ameblo.jp/abed7me/

コメントを残す