『睡眠慣性』とは?

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

昼寝は知的生産性だけでなく、健康向上にも役立ちます。

でも、昼寝のお約束は、15時までに15分~20分です。

「何故15分~20分なのか?」

というと、それ以上の時間を眠ってしまうと、深い睡眠に入ってしまうからです。

すると、『睡眠慣性』が大きくなり、その後の作業に支障をきたしてしまいます。

「睡眠慣性」とは、眠気の残留、つまり起きてからしばらく頭がボーっとして働かない状態のこと。

車でも急にブレーキを踏んでもいきなり停止することはできないですよね?

あれと同じ感じって説明すると分かりやすいかな・・・・??

1度深い睡眠に入ってしまうと、起きてからしばらくスイッチが入らなくなってしまうのです。

20分の昼寝なら睡眠段階の1や2で目を覚ますことができるので、スッキリ!!

ぜひこの時間を守って昼寝習慣を取り入れてくださいね☆

・恵甫さん

ホント!このシーズンは1年の中でも1番華やかですよね♪キラキラしていて宝石が散らばっているみたいです!!

・RICOさん
はい(*^▽^*)素晴らしい~♪

・ARIAさん

そうそう!!汐留です!!すっごいキラキラしてますよね!本当にキレイです♪

—–



友野なおの書籍 新刊は『昼間のパフォーマンスを最大にする 正しい眠り方』です。


『睡眠慣性』とは?」への1件のフィードバック

  1. 1. 質問です。
    毎日楽しみに拝見させてもらってます(^-^)インナービューティーアドバイザー、は資格ですか?資格だとしたら、どこの資格で、どうやったらとれるのですか?若しくは、どうやったら学べますか?お忙しい中、大変恐縮ですが…教えていただけると嬉しいです。
    http://ameblo.jp/takuchantaichan/

コメントを残す