東日本大震災から4年

多くの尊い命が奪われた未曾有の震災から今日で4年。

1年目、2年目、3年目にも書きましたが、東日本大震災発生から4年という年月をむかえても、悲しみや苦しみに年数の区切りはありません。

改めて、震災の犠牲になられた皆様へ、ご冥福をお祈り申し上げます。

昨年より、宮城県石巻市で発行されている地域密着誌「んだっちゃ!」、そして宮城県仙台市内で来月から創刊される「とみぃず!」にて、快眠コラムを執筆させていただいております。

季節の変化に伴った睡眠問題だけでなく、これからの未来への不安、これまで抱えている苦しみや悲しみからくる強いストレスでなかなか熟眠できないという方は多いかと思います。

さらに仮設住宅での暮らしを強いられている方がまだまだたくさんいらっしゃる中、少しでも「ぐっすり眠れる幸福感を味わっていただけたら」・・・・そんな願いと祈りを込めて、毎回ご担当の方へ記事を入稿させていただいております。

この活動が、ほんの少しでも被災地で暮らされている皆様のお役に立っていたらこの上なく嬉しいなぁという想いです。

震災から年数が経ったからこそ浮き彫りになる新たな問題、また本当の意味での復興に向けて雇用や住宅などの課題などまだまだありますが、私たち1人1人ができることは、2011年3月11日という日を忘れない、そして風化させないことだと思っています。

これからの1年間も、引き続き「自分にできることは何か?」と問いかけ続けたいと思います。

今日よりも明日、明日よりも明後日

皆さんの心が安らぎと希望で満たされますように。

友野なお


友野なおの書籍 新刊は『ねこ先生クウとカイに教わる ぐっすり睡眠法』です。








東日本大震災から4年」への0件のフィードバック

コメントを残す