季節の変わり目に体調を崩す人へ

よく食べて、よく寝るだけで、体の中から美しくなる。
睡眠コンサルタントの友野なおです。

日本には4つの美しい季節がありますが、季節ごとに気圧や気温の変化があり、それに上手に対応しながら私たちは生活をしてきました。

例えば、旬の食材を摂って体の変化をサポートしたり、衣替えをしたり、室温の調節をしたり。

最近では食材に「旬」があることを知らない人がたくさんいて、本当に悲しい限りです・・・。

日本人の体は季節に合わせて絶えず変動する自律神経に順応するようになっています。

とはいえ、夏の副交感神経優位から冬に交感神経優位へ移り変わるプロセスとなる秋は、多少なりとも体にストレスがかかり、自律神経の揺さぶりが起こります。

きちんと眠って3食しっかり食べて健康な人への揺さぶりはほとんどないのですが、夜型の生活をしていたり偏った食生活を送っていたり、過度なストレスを抱えていたりしてもともと自律神経のバランスが乱れがちな人は、この影響を大きく受けます。

従って、「季節」の変わりめにはよく体調を崩す」

と、いう状態になってしまうのです。

季節の変わり目に弱い!と自覚している人は、まずは自律神経のバランスを整えるように意識してみてください。

38~40℃のぬるめのお湯にゆっくり入ることや睡眠をしっかりととること。

体を冷やさないようにすることと腹式呼吸をゆっくり行うこと。

そして、なにより「笑うこと」です!

笑えばストレス発散になるし、なにより免疫細胞のNK細胞が活性化するので、本当にオススメ!!

つくり笑いでも効果があるといわれているので、最低でも1日5回は思いっきり笑いましょう!!!



友野なおの書籍 新刊は『疲れがとれて朝シャキーンと起きる方法』です。


季節の変わり目に体調を崩す人へ」への2件のフィードバック

  1. 1. こんばんは
    季節の変わり目・・・私もですがうちはお客様方も多いみたいです基本的な体調管理も然る事ながら笑えるという心の余裕・・・ちゃんと作らないとですね
    http://ameblo.jp/tokoya-aria/

コメントを残す