カネカのお家 「友野なおのお泊り体験記」スタート。

皆さん、こんにちは。

「科学で願いを叶える会社」のカネカ様が手がける、一年を通してやわらかな暖かさと爽やかなここち良さで暮らせることをコンセプトとした「カネカのお家 ソーラーサーキット」の宿泊体験レポート「睡眠コンサルタント 友野なおのお泊り体験記」がスタートしました!

第一弾は「冬の宿泊体験」です。

宿泊体験をした当日はこの冬一番の寒さと言われた極寒の日。思い切り厚着をしているにも関わらず、あまりの寒さでブルブル震えながらお家に到着。しかし、家の中に入った瞬間からスリッパも履いていないのに足元から全身心地よい温かさで包まれ、身体の緊張が一気に緩んだことを覚えています。スタッフの皆様が床暖や暖房を強めにつけて私達を待っていてくれたのかと思いきや、どちらも全くついていないというから衝撃的な驚きでした!!

「どういうこと?!?!」

どうしたら暖房も何もない中でこんなにも暖かな空間がつくれるのか、まずはその秘密をお伺いいたしました。(聞かない限りは不思議すぎて居ても立ってもいられなかったです!)説明をお聞きして納得!暖かさの秘密が分かりました!

レポートにも書かせていただいておりますが、このソーラーサーキットというお家は基礎から壁、そして屋根とすっぽりまるごと断熱材で包まれているため、極寒の日でもまるで小春日和のような暖かさが維持されていたのです。
さらに、壁や屋根の内側に設けた二重の通気層の空気の流れを季節に合わせてコントロールする「二重通気工法」により、冬は通気を止めて気密性を高めることで暖かい空気を逃しにくくする働きが行われていました。つまり、「外断熱」と「気密性」のダブル効果で、暖房も床暖も一切使わずして心地よい暖かさが実現さるということなんですね。
靴下を履かなくても全然寒くないし、廊下もリビング以外の部屋も全て平等に温かいので本当にストレスなく過ごせるお家で、どこまでも快適でした!

では、夜の快眠はどうだったでしょうか・・・・?

それは、ぜひ体験記レポートを読んでみてくださいね。

体験記レポート(冬版)

次回の体験記レポートは春です。
お楽しみに!


友野なおの書籍 新刊は『ねこ先生クウとカイに教わる ぐっすり睡眠法』です。








コメントを残す